キーの形式が変わりました

2020年9月1日以降に出荷されるComponentOneから、ライセンス認証に使用するキーおよびツールが、以下のように変更されました。

出荷日キーの名称キーの形式ライセンス認証に使用するツール
2020年8月31日までシリアルナンバー24桁の英数字
(例:S812000-AA-000000-JP-0A1B2C3)
ライセンス認証ツール(C1LicenseActivation.exe)
2020年9月1日以降プロダクトキー19桁の数字
(例:1111-2222-3333-4444-555)
GrapeCityライセンスマネージャー(gclm.exe)
注意事項
  • 「ComponentOne for ASP.NET Web Forms(プラットフォーム限定エディション)」は本ページの対象外です。2020年9月1日以降も、従来の「シリアルナンバー(24桁の英数字)」と「ライセンス認証ツール」を使用します。
  • 従来の「シリアルナンバー(24桁の英数字)」をお持ちの方は、本ページの対象外です。

ライセンス再認証とは

ライセンス再認証は、以下のような理由でライセンス認証解除の手続きができなくなった場合に行います。

  • 対象のマシンが故障して使用できなくなった
  • ライセンス認証解除を行わずに、対象のマシンを廃棄または返却した

ライセンス再認証の手続き完了後、対象のプロダクトキーでのライセンス認証が可能になります。

注意事項
  • 申請から手続き完了まで、数十分~数日の時間がかかる場合があります。
  • ライセンス認証解除の手続きを行わずに製品をアンインストールした場合でも、「GrapeCityライセンスマネージャー(gclm.exe)」はアンインストールされません。そちらを直接起動する方法でライセンス認証解除の手続きを行ってください。

再認証申請の手順

1. プロダクトキーの入力
インターネットに接続されている環境から、Webブラウザを使用して、「再認証申請」のページ(https://sa2.grapecity.com/reactivation)へアクセスします。
対象のプロダクトキー(19桁の数字)を入力し、「次へ」をクリックします。

再認証申請
注意事項
再認証申請ページにはreCAPTCHAによるbot対策が実装されているため、一定時間操作が行われない場合、「ReCaptchaの承認に失敗しました。再度お試しください」といったメッセージが表示されます。
上記のメッセージが表示された場合は、お手数ですが、最初から申請操作をやり直してください。

2. 申請状況の表示
入力されたプロダクトキーについて、過去の申請情報が表示されます。
初めて申請する場合は、「入力されたプロダクトキーについて登録済みの再認証申請はありません。」というメッセージが表示されます。
ライセンス再認証の申請を行う場合は「新規申請」をクリックしてください。

再認証申請

3. ライセンス再認証申請
対象のプロダクトキーに関する状況を、選択または入力します。そのうえで「申請する」をクリックしてください。

再認証申請

4. 申請結果の表示
申請が受け付けられた場合、「新しい再認証申請を受け付けました。」というメッセージが表示されます。
申請結果を確認するには、ブラウザをリロードするか、手順1.の操作を再度行ってください。
再認証申請
再認証申請が承認された場合、「リクエストは承認されました」というメッセージが表示されます。製品をインストールし、ライセンス認証の手続きを行ったうえでご利用ください。

再認証申請

「再認証が不要です」というメッセージが表示された場合、そのプロダクトキーはライセンス認証可能な状態です。製品をインストールし、ライセンス認証の手続きを行ったうえでご利用ください。
「無効なプロダクトキーです」というメッセージが表示された場合、入力されたプロダクトキーに誤りがあります。プロダクトキーをご確認のうえ、再度申請してください。

お問い合わせ先
ライセンス再認証手続きについてご不明な点がございましたら、以下の情報を添えて、sales@grapecity.comまでメールにてお問い合わせください。
  1. 対象のプロダクトキー
  2. ライセンスの使用状況
  3. エラーやメッセージが表示されている場合は、そのキャプチャ画像