「GrapeCityライセンスマネージャー」を使用してライセンス認証の手続きを行います。
認証の手順は、製品をインストールしたマシンが、インターネットに接続されているかいないかで異なります。

GrapeCityライセンスマネージャーの起動方法

GrapeCityライセンスマネージャーは、以下のいずれかの方法で起動します。

  1. スタートメニューに登録されている製品フォルダから、「GrapeCityライセンスマネージャー」を実行する
  2. 「C:¥ProgramData¥GrapeCity¥gclm」フォルダの「gclm.exe」を実行する

起動後は、以下のような画面が表示されます。ライセンスを認証する場合は「認証手続き」をクリックしてください。

GrapeCityライセンスマネージャー

マシンがインターネットに接続されている場合の認証手順

1. プロダクトキーの入力と認証
GrapeCityライセンスマネージャーを起動し、「認証手続き」をクリックすると、プロダクトキーが要求されます。

注意事項
以下のような場合も、「認証手続き」をクリックしてください。
  • トライアル版から製品版へ切り替える場合
  • 別のトライアル版プロダクトキーを使用して試用期間を延長する場合

製品版またはトライアル版のプロダクトキー(19桁の数字)を入力します。ハイフンは入れても入れなくても構いません。
プロダクトキーの入力後、「認証する」ボタンをクリックします。

GrapeCityライセンスマネージャー


2. ライセンス認証の完了
認証サーバーへの接続が成功し、ライセンス認証の処理が正常に完了すると、「ライセンスは認証されました」というメッセージが表示されます。

GrapeCityライセンスマネージャー

[OK]ボタンをクリックし、一覧画面に戻ると、手続きを行った製品に「製品版のライセンスが認証されています」(または「トライアル版のライセンスが認証されています」)というメッセージが表示されています。

GrapeCityライセンスマネージャー

以上でライセンス認証の手続きは完了です。

マシンがインターネットに接続されていない場合の認証手順

1. プロダクトキーの入力と認証
GrapeCityライセンスマネージャーを起動し、「認証手続き」をクリックすると、プロダクトキーが要求されます。

注意事項
以下のような場合も、「認証手続き」をクリックしてください。
  • トライアル版から製品版へ切り替える場合
  • 別のトライアル版プロダクトキーを使用して試用期間を延長する場合
製品版またはトライアル版のプロダクトキー(19桁の数字)を入力します。ハイフンは入れても入れなくても構いません。
プロダクトキーの入力後、「認証する」ボタンをクリックします。
ライセンス管理システム


2. オフラインでの認証
GrapeCityライセンスマネージャーが認証サーバーに接続できない場合、以下のようなメッセージが表示されます。

ネットワークエラー リモート名を解決できませんでした。: 'sa2.grapecity.com'
インターネットに接続されているか確認してください。またはオフラインで手続きを行ってください。

インターネットに接続できない環境の場合は、「オフラインで認証する」をクリックしてください。

ライセンス管理システム
注意事項
インストール先の環境がインターネットに接続されていても、セキュリティ設定などの条件によっては、上記のようなメッセージが表示される場合があります。この場合も「オフラインで認証する」をクリックし、画面の指示に従って認証手続きを行ってください。

3. 認証キーの表示
オフラインの認証手続き画面が表示されます。
「認証キー」の「コピー」をクリックし、コピーした認証キーの文字列をメモ帳などに貼り付け、テキストファイルとして保存してください。
保存したテキストファイルを、インターネットに接続されている環境へ移動してください。

ライセンス管理システム

4. ライセンス情報の取得
インターネットに接続されている環境から、Webブラウザを使用して、「GrapeCityライセンスサービス」のページ(https://sa2.grapecity.com)へアクセスします。

ライセンス管理システム

「認証手続き」をクリックすると、「オフライン認証」画面が表示されます。
手順3.でテキストファイルに保存した認証キーの文字列を、テキストボックスに貼り付け、「認証手続き」をクリックしてください。

ライセンス管理システム

「ライセンスは認証されました。」のメッセージと共に、ライセンス情報の文字列が表示されます。
画面上の「コピー」をクリックし、コピーしたライセンス情報の文字列をメモ帳などに貼り付け、テキストファイルとして保存してください。
保存したテキストファイルを、GrapeCityライセンスマネージャーを実行している環境へ移動してください。

ライセンス管理システム
注意事項
オフライン認証ページにはreCAPTCHAによるbot対策が実装されているため、一定時間操作が行われない場合、「ReCaptchaの承認に失敗しました。再度お試しください」といったメッセージが表示されます。
上記のメッセージが表示された場合は、お手数ですが、認証キーの文字列を再度テキストボックスに貼り付け、「認証手続き」をクリックしてください。

5. ライセンス認証の完了
手順4.でテキストファイルに保存したライセンス情報の文字列を、GrapeCityライセンスマネージャー上の「ライセンス情報」に貼り付け、「認証する」をクリックしてください。

ライセンス管理システム

ライセンス認証の処理が正常に完了すると、「ライセンスは認証されました。」というメッセージが表示されます。

ライセンス管理システム

[OK]ボタンをクリックし、一覧画面に戻ると、手続きを行った製品に「製品版のライセンスが認証されています」(または「トライアル版のライセンスが認証されています」)というメッセージが表示されています。

ライセンス管理システム

以上でライセンス認証の手続きは完了です。