2019年5月1日に元号が変わります

天皇の退位等に関する皇室典範特例法」により、2019年5月1日に「平成」から新しい元号へ改元されることが決定しました。また2019年以降は、改元の日となる2019年5月1日を特別に祝日とすることも政府で検討されていたり、天皇誕生日が12月23日から2月23日に変更になったりと、祝日にも変更が入ります。これに伴い企業で利用している各種業務システムにおいて、和暦とカレンダーの祝日を表示しているものは改修が必要になります。

このページでは、新天皇即位に伴い必要となる和暦(新元号)表示とカレンダーの祝日設定について、弊社開発ツールにおける対応情報をまとめています。

ナレッジベース情報

弊社開発ツールはそのままでは新元号や新しい祝日には対応されません。各製品毎に適切な設定を行う必要があります。設定方法は弊社Webサイトのナレッジベース上で公開していますので、以下のリンクより必要な製品の情報をご確認ください。

和暦の新元号への対応方法

文書種別タイトル
技術情報

新しい元号(年号)への対応方法について

制限事項
(回避方法あり)
[ComponentOne - FlexGrid for WinForms]
Windows 10 April 2018 Updateが適用された環境において、2019/5/1以降の日付に対してColumn.Formatで指定した書式が適用されない

関連技術情報

外部サイトや弊社ブログで公開されている、新元号対応に関連した技術情報へのリンク集です。

開発ツールの新元号対応情報 ― システム改修準備は進んでる?

弊社ツールを新元号に対応させる具体的な手順を解説します。

詳しく見る
2019年5月1日が祝日に!?業務アプリのカレンダーの対応はどうする?

改元に伴い2019年5月1日が特別な祝日になった場合の弊社ツールの対処法を解説します。

詳しく見る
「元年」に対応した.NET Frameworkを試してみた

.NET Frameworkが2018年10月の月例パッチで対応した「元年」表記への対応を検証します。

詳しく見る
Japan New Era Name Support Blog

日本マイクロソフトの新元号 (和暦) 対応に関するサポート情報のブログです。

詳しく見る
2019 年 5 月の新元号の変更についてのアップデート

日本マイクロソフトの新元号対応への取り組みに関する最新情報へのリンク集です。

詳しく見る

新元号にも対応した開発ツールラインナップ

ActiveReports

[アクティブレポート]
日本の帳票開発に必要なすべての機能を
搭載したコンポーネント

無料で試す
製品情報

SPREAD

[スプレッド]
Excelのような見た目と操作性に加え
自由レイアウトにも対応した
グリッドコンポーネント

無料で試す
製品情報

InputMan

[インプットマン]
入力操作を楽にする機能を多数搭載した
入力用コントロールセット

無料で試す
製品情報

ComponentOne

[コンポーネントワン]
UIコントロールセット
多様な環境でアプリ開発を支援

無料で試す
製品情報

MultiRow

[マルチロウ]
複数行や自由レイアウトの
表画面を実現する
データグリッドコンポーネントセット

無料で試す
製品情報

Wijmo

[ウィジモ]
WebアプリのUI開発をサポートする
JavaScriptライブラリ

無料で試す
製品情報