• 公式アカウント

〈FlexGrid〉セルエディタのプレースホルダー

空欄のセルを編集する際にプレースホルダーとして「セルの列名」を表示できるようになります。

〈FlexGrid〉編集禁止のセルを飛ばして次のセルに移動

TabまたはEnterキーがクリックされた際に、編集禁止のセルを飛ばして次のセルに移動することができるようになります。

〈FlexGrid〉DataMapセル編集時の入力補完を強化

DataMapセルを編集する際に大文字と小文字を考慮した入力補完ができるようになります。

〈FlexGrid〉カスタムセルエディタとセルテンプレート利用時のドロップダウン表示を改善

カスタムセルエディタとセルテンプレートが同時に利用されている際に、セルの右側にドロップダウンボタンが表示されるようになります。

〈FlexPie〉複数円グラフのレイアウト制御

複数の円グラフが表示されている際にレイアウトを制御できるようになります。

〈InputNumber〉最大値・最小値時のボタンの無効化

値が最大値もしくは最小値になったときにインクリメントボタンやデクリメントボタンが無効にできるようになります。

〈Calendar〉最大値・最小値時のボタンの無効化

表示月が最大月もしくは最小月の場合に、次の月ボタンや前の月ボタンが無効にできるようになります。

〈Calendar〉前後に追加の週を表示

現在の月の前後に追加の週を表示できるようになります。

〈Calendar〉複数月カレンダーの表示

複数の月のカレンダーを表示できるようになります。

〈Calendar〉日付範囲の選択

日付の範囲を選択できるようになります。

〈InputDate〉複数月カレンダーの表示

複数の月のカレンダーを表示できるようになります。

〈InputDate〉日付範囲の選択

日付の範囲を選択できるようになります。

〈AutoComplete〉入力文字列で始まる項目だけを表示

入力した文字列で始まる項目だけをリスト表示できるようになります。

〈MultiSelect〉検索機能の改善

検索時の大文字と小文字の区別を設定できるようになります。また、検索時の遅延時間を設定できるようになります。

〈MultiSelectListBox〉検索機能の改善

検索時の大文字と小文字の区別を設定できるようになります。また、検索時の遅延時間を設定できるようになります。

〈UndoStack〉ページング対応

ページングが設定されている場合に、元に戻す/やり直すを実行した時にページも自動的に移動できるようなります。

〈CollectionView〉動的な計算フィールド

同一のデータソース内の項目を利用して動的な計算フィールドを追加できるようになります。

〈CollectionView〉currentChangedイベントの発生改善

フィルタリングやページングを実行後にセルの選択位置が同じ場合でもcurrentChangedイベントが発生するようになります。

〈CollectionView〉getErrorの全体エラーメッセージ表示

getErrorメソッドで行ヘッダーのセルに表示されるエラーメッセージを設定できるようになります。

新しいコントロール(日付範囲コントロール)

日付の範囲を選択できるInputDateRangeコントロールが追加されます。

ツールチップの表示位置(Angular)

ツールチップを表示する位置を指定できるようになります。

ツールチップの表示位置(Vue.js)

ツールチップを表示する位置を指定できるようになります。

Angular

Angular 11に対応します。

「Angular x Wijmo」を見る

React

React 17に対応します。

「React x Wijmo」を見る