• 公式アカウント

〈CollectionView〉RestCollectionView

REST APIとのデータ連携を支援する「RestCollectionView」を追加しました。基底(Base)クラスとして提供されるRestCollectionViewを、連携する各RESTサービスに合わせて拡張し、Wijmoの各種コントロールとバインドして使用することができます。

「RestCollectionView」のデモを見る

RestCollectionView

FlexMap(ベータ版)

地理空間データを可視化できるコントロール「FlexMap」を追加しました。FlexMapではデータソースとしてGeoJSON形式のデータをサポートします。また、地図上のレイヤーにプロットしたい地理情報(経度・緯度)の配列を設定することで、散布図やバブルマップなどを作成することも可能です。

※ 2021J v1ではベータ版として提供します。

「FlexMap」のデモを見る

FlexMap

〈MultiRow〉セルテンプレートが各種フレームワークに対応〈Enterprise限定機能〉

HTMLでセルのテンプレートを定義して、セルをカスタム表示できる「セルテンプレート」が、Angular/React/Vue.jsでも使用可能になりました。

Angular

Angularでセルテンプレートを利用する場合は、「wjMultiRowCellTemplate」ディレクティブをng-template要素と一緒に利用します。

React

Reactでセルテンプレートを利用する場合は、「MultiRowCellTemplate」コンポーネントを利用します。

Vue.js

Vue.jsでセルテンプレートを利用する場合は、「wj-multi-row-cell-template」要素を利用します。

〈OLAP〉PivotFieldで要約行データの取得〈Enterprise限定機能〉

PivotFieldに新しく追加した「getAggregateValue」プロパティを使用して、要約行データ(集計済データ)を取得できるようになりました。

生データではなく集計済みのデータを利用して計算を行うカスタムフィールドを作成すれば、データを1件ずつ計算する必要がなくなるので、パフォーマンスの向上に寄与します。

「ピボットパネル:要約行の集計フィールド」のデモを見る

RestCollectionView
売上とDL数の集計済データからコンバージョン値を算出

〈FlexChart〉チャートの新しいパレット

コロプレスマップなどの配色に使えるオンラインツール「ColorBrewer」で定義されている以下の3つのカテゴリのカラーパレットが使用できるようになりました。これらのパレットは、FlexChartだけでなくFlexMapでも使用可能です。

  • sequential
  • diverging
  • qualitative

〈Calendar/InputDate〉rangeChangedイベントを追加

日付範囲の選択が完了したときに発生する「rangeChanged」イベントを追加しました。従来のrangeEndChangedイベントとは異なり、rangeEndプロパティの値がnull以外に変更されたタイミングで発生するので、日付範囲選択の完了を正確に捕捉することができます。