※タイトルの横に「+」が記載されている新機能は、Wijmo Enterpriseでのみご利用いただけます。

※一部の新機能は、2017J v2のマイナーバージョンで追加されています(更新履歴)。

[FlexGrid] 最終セルから次の要素へフォーカスを移動

Tabキーを押したときに、次の列/行に移動して、最終セルまで移動したら次の要素にフォーカスを移動できるようになりました。

サンプル

[FinancialChart] ポイント&フィギュアチャート +

ポイント&フィギュアチャートを表示できるようになりました。株価の上昇を×印で、株価の下降を○印で表します。

サンプル

[MultiSelect] 全ての項目を選択

全ての項目を選択するためのチェックボックスを表示できるようになりました。

サンプル

フォーム入力の元に戻す/やり直し

フォームで「元に戻す/やり直し」の機能を提供する方法を示すUndoStackサンプルが追加されました。

サンプル

Angular 5対応

Angular 5.0.0に対応しました。

サンプル

Angularインテリセンス

Visual Studio CodeのHTMLエディタで、Angularコンポーネントのタグや属性をIntelliSenseで入力補完できるようになりました。

全コントロールがReactに対応

全てのWijmoコントロールがReactに対応しました。新たに対応したコントロールは、FlexChart以外のChart、MultiRow、FlexSheet、ReportViewer、PdfViewerです。